時間ごとに料金を支払う!コインパーキングの仕組み


この記事では、コインパーキングの料金体系といった仕組みの部分や、種類をご紹介いたします。
車に乗っていれば、必ず一度はコインパーキングを利用されたことがあると思いますが、ただ車を停めて提示された料金を支払われているだけの方が非常に多いです。
しかし、コインパーキングの仕組みについて少しでも理解しておけば、余分な料金を支払ってしまう可能性を減らすことができます。
同じような立地のパーキングだと思っていても、パーキングの選び方を間違えてしまった場合、料金に1,000円以上の差がつくことも珍しくありません。

コインパーキングは使った分だけ料金が発生する仕組み

コインパーキングの料金体系はかなりシンプルです。
駐車した時間に応じて、予め決められた料金が請求されます。
「30分200円」や「1時間500円」のように、パーキングの周囲の看板に掲載されている料金ですね。
「1時間500円」のパーキングに4時間駐車した場合、出庫時に2,000円支払うことになります。
この料金体系にもバリエーションがあり、曜日や時間帯によって金額が変わるパーキングも多いです。
ここだけを取り上げると、かなり簡単な料金体系に思えますが、実際はもう少しだけ複雑で、場合によっては手痛い失敗をしてしまう人もいるようです。

コインパーキングを利用するときは必ず最大料金を確認する

最近のコインパーキングには、「最大料金」が設定されていることが多いです。
料金自体はそのパーキングによりまちまちですが、「1日最大1,000円」や「24時間最大1,500円」といった看板を見かけらた方もおられるのではないかと思います。
一見すると非常にリーズナブルで魅力的な最大料金というシステムですが、パーキング側が定めているルールを見落としてしまい、想定以上の金額を請求されてしまう方が後を絶ちません。

例えば、1時間500円、1日の最大料金は2,000円のパーキングを見つけ、2日間駐車したとしましょう。
利用者は2,000円の支払いのつもりで出庫しようとすると思います。ですが実際に請求された金額は14,000円でした。
想定している金額と10,000円以上の開きがあれば誰でも驚き、パーキングにクレームを入れると思います。

しかしこの金額はコインパーキング側が詐欺を働いているわけではなく、予め提示したルールに則って計算された正規の金額です。
この手の最大料金は、「入庫後1回のみ」となっていることがほとんどで、2日目以降は通常の「1時間500円」で駐車料金が計算されます。

今回のケースでは1日目は確かに2,000円のみの請求ですが、2日目以降は500円×24時間で12,000円となります。つまり2,000円+12,000円=14,000円ということです。

また正月やお盆時期などの特定の時期は、最大料金自体が適用されないパーキングもあります。
これはかなり大きな問題になっており、多数の相談が消費者センターに寄せられているようです。
しっかりと料金を確認せずに駐車した利用者側に落ち度がないとは言えませんが、パーキング側にも大きな問題があります。「誰にでもはっきりとわかる形で最大料金のルールを提示していない」という店です。

中には悪質なパーキングも存在し、看板のおもて面には最大料金の但し書きを一切記載せず、裏面のわかりにくい位置に小さな文字で表示してくといった手法で、利用者の勘違いを誘っていることもあります。

コインパーキングの最大料金には必ず何らかの適用条件がありますので、しっかりと確認してから入庫するようにしましょう。
自分の身を守れるのは自分だけです。

コインパーキングの種類

それでは最後にコインパーキングの種類をご紹介しましょう。
コインパーキングには2つの種類があります。ロック式駐車場とゲート式駐車場です。
それぞれの特徴については以下の通りです。

ロック式駐車場

ロック式駐車場は駐車スペースの路面に設備が埋め込まれています。
車が駐車したことを内蔵のセンサーで確認し、金属製のフラップを持ち上げることで車をロックし、駐車時間の計測を開始するタイプの駐車場です。
出庫時はパーキング内に設置されている精算機に、自分の車を止めているスペースの番号を入力して支払いを済ませます。
設置する機器が小規模なので、敷地面積が狭い、中・小規模のパーキングに多いスタイルです。

ゲート式駐車場

ゲート式駐車場は、入出庫時にゲートを通る必要があるタイプのパーキングです。
入り口には駐車券の発券機が設置されており、駐車券を受け取ることでゲートが開き入庫できるようになります。
出庫する際は、ゲートの前に設置されている精算機に駐車券を入れ、表示された料金を支払うとゲートが開くという寸法です。
主に広い敷地面積を持つパーキングで採用されているスタイルです。
駐車券を紛失してしまった場合、正確な駐車時間がわからなくなってしまうので、「一律10,000円」といった、高額な駐車料金が請求されるパーキングもあるので注意が必要です。